So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘルパー2号の悲劇 [創作]

ある日の朝・・・

「リュータ、いい子にしてて。今日はなるべく早く帰ってくるから」

「ママ、今日は日曜日だよ。お休みなんじゃないの?」

「ゴメン、しばらく忙しいの。2号がいるから大丈夫でしょ?」

そう言うとママは人型お手伝いロボット「ヘルパー2号」を起動させた。


「おはようございます、リュータくん。今日も一緒に楽しくお勉強しましょう」

「楽しくなんかない!」


「仕方ないでしょ。中学受験が終わったら、遊園地に連れて行ってあげるから、
それまでいい子でお勉強してて。わかった?
ごめん、急いでいるから。行ってきます!」

ママは振り向きもせずに出かけてしまった。
いつも、こうだ。
そしてヤツはこう言う。。

「リュータくん、お勉強しますか?」

「しない!」

「リュータくん、一緒に遊びますか?」

「遊ばない!」

「リュータくんはお勉強をしてください。ワタシはお掃除します」

2号の足は変形して掃除機になった。
手で散らかっているものを片づけながら、足が埃を吸い込む。

2号が来てから、ママが掃除をするのを見たことがない。
こんなに手際よくきれいになるんだから、ママも自分でやる気なんてなくなるんだろう。

「リュータくん、塾の宿題の答え合わせします。ノート見せてください」

リュータくん、リュータくん、毎日毎日、一日中、名前を呼ばれて、もうウンザリだ。
ママはどういう設定をしたんだろう。

ボクは2号にノートを渡すと、この間こっそり見つけ出した2号のマニュアルを読み始めた。
2号を壊せばママはうちにいてくれるに違いない。
以前のように、掃除したり、料理を作ったり。。。きっとボクと一緒にいてくれるだろう。

「リュータくん、何を見てますか?」

「何でもない!」

ボクはマニュアルを隠した。
2号は気にせず(ロボットなんだから気になるとかいうこともないんだろう)、宿題の解説を始めた。

ボクは聞いているフリをしながら、2号を壊す方法を考えた。
耳の後ろに一番重要なパーツが埋め込まれているらしい。
むずかしい用語の意味はわからなかったけれど、壊れさえすれば十分だ。

「リュータくん、昼食を作る間、宿題を直してください」

「ボクはゲームする」

「それならワタシも後で通信で参加します」

「オマエとはしない!」

2号は返事をせず、料理を始めた。
2号の料理は確かに美味しい。
朝ごはんはママが用意したけど、作ったというより、買ってきたパンを並べただけだった。
2号は嫌いな食材でも、ボクの好みに合わせて、食べたくなるような料理を作る。

でも、でも、ボクはヤツを壊す。
だって・・・

「リュータくん、お昼にしましょう」

2号はロボットだから、食事をしない。
ボクが食べるのをずっと見ているだけ。
美味しそうに食べても、まずそうに食べても、何も言わずに、ただ見てるだけ。

「リュータくん、食器を片づけ終わったら、一緒にゲームします」

2号にゲームで勝っても、ちっとも嬉しくない。
ロボットなんだから、本気を出せば強いに決まっているのに、ボクに負けるなんて、
何だか馬鹿にされているみたいだ。

ゲームを少しだけしてから、ボクはずっとテレビを見ていた。
その間、2号はボクを見ている。

「リュータくん、受験勉強しましょう」

「リュータくん、少し勉強しましょう」

「リュータくん・・・」


何度も言うな!

ママはいつ帰ってくるんだろう?
早く2号を止めてくれ。
そうでないと、そうでないと。。。


ボクはパパのゴルフバッグを出していた。
気がつくと、クラブを握りしめて思いきり2号の頭に叩きつけていた。
何度も、何度も。
無我夢中だった。




「安全装置解除」  そんな声が聞こえたような気がした。

そして、ママの声が聞こえたような気がする。
「ただいま!」





「侵入者発見。リュータくんを危険から守ります」





ボクはママが2号の両腕にしっかりと捕まれたまま
息絶えるのを見た。

廃棄焼却へ

IMG_1096.jpg  我が家の受験生は大丈夫だろうか?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。